2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
うがー(●`З´)ノシ
2006年04月26日(水)
お腹すいたぜよー!!!!(んじゃ食べろ)
どうも、鳳仙花です。


今日、久しぶりに映画館へ行きましたw
えぇ、お気づきの方もいらっしゃると思いますが

思いっきりレディースデー狙いで(笑)

いやぁ、今日をカウントしないで最近映画館で観た映画って『ハウル』だもんなぁ(遠い目)
やっぱ映画は映画館で観た方がエエねv
ホントは黒猫サンと行く計画を練っていたのですが、黒猫サンが行けなくなり、私一人でぶらりと。


ちなみに、観た映画は
『ブロークバック・マウンテン』
コレは知ってる方も多いかと。
いろいろと話題になってましたからね。気になったので観に行ったんですよ。

で、ココからその映画について語ります。
ちょっとしたネタバレを含みますが、出来るだけあらすじぐらいに止めてます。
んで、この映画は『同性愛』を取り上げてますのでどうしてもダメな方は読まない方が良いと思われます。
でも、できるだけ多くの人にこの映画の素晴らしさを伝えたいと思ってるので、少しでもこの映画に興味のある方は続きをドウゾ。


【More・・・】


時代は1963年、アメリカが保守的だった時代。ある二人の青年、イニスとジャックがブロークバック・マウンテンという山で出会う。
最初はお互い羊放牧の仕事仲間として接していき、時間が経つにつれ友情が築かれていった。
しかしある寒い夜に、二人は『友達』という一線を越えてしまった。
二人が離れ離れになって4年後。お互い妻を得て、子どもも授かったのだが、二人はひっそりと愛し合っていき・・・・・

アブナい;これ以上書いたらネタばれになる;(ぇ)


もう、とにかく切ないです><
そりゃ確かに奥さん達がかわいそうだとは思いましたが(女として/苦笑)。
どんどん二人が世間に苦しめられていく姿がもうっ;;
また、難しい役をこなしたヒースとジェイクにただただ脱帽です。
これ観た後すごい考えさせられました。
『偏見』の怖さとか、そして『偏見』がまだこの世にあり続けている事とか。
二人の愛が、少しでも多くの人から『偏見』をとっぱらってくれる事を願って。


すっごく個人的な話をすると
ジャック役のジェイク・ギレンホールがかぁわいぃw(わぁ個人的w/笑)
笑顔がステキ過ぎますwメロメロドッキュン(?)ですw
こりゃイニスが惹かれたのも無理ないです(笑)
スポンサーサイト
【編集】 21:53 |  日記  | TB(0) | CM(3) | Top↑
コメント
●こんばんはw
こんばんは~、失礼しますm(_ _)mリアルに同性愛者の愛ですw(笑/えない)

見に行ったんですか、あの映画!!前に朱音から話を聞いて見たいとは思ってましたが…
俺もレディースデイを狙って行っとくべきかな?(笑)本当、鳳仙花様の感想を見てコレは見とかねばと思いました(●´∀`)

しかし最近は同性愛なんて珍しくなくなってますよね~。俺、夜中はネットサーフばっかしてるんですけど、そういうカップルのサイトって割りと多いですし。
あ、でも身内は閲覧禁止!とか表記があると切ない( ̄ー ̄;)俺個人としては、誰かを愛せるって事だけで十分素晴らしいと思いますがね。

あぁ…何か人様のブログで語ってしまってすみません;;つい、口のチャックが緩みました↓近々自分のブログで語ろうかと思います(笑)

では、長々と失礼しました(´^`●)
愛 | 2006.04.26(水) 23:17 | URL | コメント編集
●すまん!
今日、やっぱ行かなくて正解だった!;鳳仙花の言う“パロメーター”が下がって精神状態ガタガタになって眠れなくなっちまってたから;;
因みに「母さん…俺を精神科へ連れてってくれ」と言う夢を見た(∑;;)
余り眠ってない状態で映画+研修はキツいと思うんだ…だから正解;;
…今度、暇あったら埋め合わせすっからさ!;(デートか)
塚部 黒猫 | 2006.04.26(水) 23:40 | URL | コメント編集
●コメありがとございますw
愛サン>
ハイ、行ってきましたよwホントに良い映画なんで是非観て欲しいデス!!!!レディースデーは有効活用しなければw(笑)

ですねぇ。結婚できるとこも増えてきているし。
でもやっぱりその国柄だったり宗教だとかで、毛嫌いしている人が多いのも事実なんですよねぇ。
実際この映画はアカデミー最有力と言われていたのに、作品賞には選ばれなかったり、アン・リー監督の故郷である中国ではこの映画は上映されなかったりと問題があったようです。
なんだか悔しくなりますね・・・。

ホント何が起こるか分かりませんよね。
私自身、もしかしたら女の子好きになるかもしれないし、おじいちゃんより年上の人を好きになるかもしれないし。
でも大切なのは、いかにその自分の気持ちに正直になれるかだと思うんです。
自分で「こんな感情を持つ私はおかしい」と否定した時点で自分の気持ちを裏切る事になってしまう。そしてきっと、「おかしい」と思ってしまうのは少なからずとも世間のせいだと思うんです。

・・・・なんだか語ってますが(汗)でも愛サンが語ってくれるのは全然OKですのでご心配なくw


黒猫サン>
そうだったのですか;いや②、忙しい中私が誘ったのがいけなかったので黒猫サンが誤る必要はナイですよ><

今お体と“パロメーター”の方は大丈夫でしょうか??あまり無理はしないでくださいね;

な、なんだか妙にリアルで怖いですね;

黒猫サンが体調が万全で都合がいいときにでもデートしましょうか(笑)
鳳仙花 | 2006.04.28(金) 02:46 | URL | コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。